SUPER AGURI F1 TEAM - Fan Site

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

welcome to SUPER AGURI F1 TEAM - Fan Site 


flag.gif
【for PC USERS】 SUPER AGURI F1 TEAM - Fan Site 2006 Original Image Song"Rising Sun"

Special Thanks : Mr.Saburou

スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

  1. 2010/01/01(金) 00:00:00|
  2. SAF1 Fan Site News

SAF1プレスリリース : 2007年ヨーロッパGP フリー走行


0721.jpg
(C)SUPER AGURI F1

2007年ヨーロッパGP フリー走行

佐藤琢磨 カーナンバー22(SA07-04)
フリー走行1回目 16位 最速ラップタイム1分34秒708
フリー走行2回目 13位 最速ラップタイム1分34秒357

アンソニー・デビッドソン カーナンバー23(SA07-03)
フリー走行1回目 14位 最速ラップタイム1分34秒567
フリー走行2回目 18位 最速ラップタイム1分34秒554

T-Car SA07-02

天気:曇りのち雨(湿度69.5% - 85.3%)気温:最低20.9°C 最高23.1°C コース路面温度:最低23.8°C 最高32.4°C

ドイツのアイフェル山脈にあるニュルブルクリンクで幕を開けたヨーロッパGP初日の走行は、激しい雨と強風に見舞われ、難しいコースコンディションの中で行われたが、SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、それぞれ予定していたテストプログラムを完了し、幸先のよいスタートを切った。

佐藤琢磨
「午後は雨になることが分かっていたので、午前中のセッションに集中して作業を行った。通常、午前中はコースが汚れているので、これは珍しいことだ。マシンのパフォーマンスはまあまあよかったし、通常の金曜日のタイヤの比較のための走行を行うにはバランスも十分よかった。昼に雨が降ったが、サーキットはすぐに乾いたのでラッキーだった。午後に再びドライ走行を行い、興味深いデータを集めることができた。今日の走行はまあまあよかったので、明日もさらにいい走行が行えることを願っている」

アンソニー デビッドソン
「今日の天気はかなりラッキーだった。2回のセッションを挟んだ昼に雨が降ったので、ドライ用のマシンのバランス調整の作業を行うことができた。午後は雨の予報だったので、どのチームも1回目のセッションで集中して作業を行っていた。ぼくたちは特に長距離走行に取り組んだ。ぼくはマシンのバランスにも満足している。今日は作業も順調に進み、いい成果を上げることができた」

グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「いい、堅実な仕事ぶりだった」

Nu"rburgring Circuit, Nu"rburg, Germany
2007/07/20



テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/07/21(土) 10:40:53|
  2. SAF1 NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

SAF1プレスリリース : スパ・フランコルシャン合同テスト1日目


20070711.jpg
(C)SUPER AGURI F1


スパ・フランコルシャン合同テスト1日目

テスト日:2007年7月10日
テスト期間:3日間
ドライバー:ジェームズ・ロシター

シャシー:SA07-05
走行周回数:65周
最速ラップタイム:1分48秒287
順位:11台中7位


天気:曇りときどき晴れ
気温:12-19°C
コース路面温度:15-36°C

SUPER AGURI F1 TEAMは、今日、スパ・フランコルシャン・サーキットで3日間の予定のテストを開始した。

テスト初日のハンドルを握ったのは、SAF1チームのテストドライバーであるジェームズ・ロシター。午前中のセッションでは、電子制御システムの評価作業を行い、午後は全般的なセットアッププログラムに取り組んだ。

順位 車番 ドライバー チーム タイム 周回数
1 2 ルイス・ハミルトン ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 1:46.613 83
2 10 ロバート・クビサ BMWザウバーF1チーム 1:47.059 81
3 5 フェリペ・マッサ スクーデリア・フェラーリ・マールボロ 1:47.469 65
4 11 ラルフ・シューマッハー パナソニック・トヨタ・レーシング 1:47.878 70
5 32 ネルソン・ピケ INGルノー F1 1:47.996 52
6 14 デイビッド・クルサード レッドブル・レーシング 1:48.243 55
7 54 ジェームズ・ロシター スーパーアグリF1チーム 1:48.287 65
8 18 ビタントニオ・リウッツィ スクーデリア・トロロッソ 1:49.179 63
9 16 ニコ・ロズベルグ AT&T ウィリアムズ 1:49.288 60
10 34 クリスチャン・クリエン ホンダ・レーシングF1チーム 1:49.419 63
11 60 ギド・ヴァン・デル・ガルデ エディアッド・アルダー・スパイカーF1チーム 1:49.712 53

Spa-Francorchamps, Belgium
2007/07/10




テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/07/11(水) 21:02:37|
  2. SAF1 NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第8戦フランスGP 金曜日



20070630-1.jpg
(C)SUPER AGURI F1

2007年フランスGP フリー走行
佐藤琢磨 カーナンバー22(SA07-04)
フリー走行1回目 12位 最速ラップタイム:1分16秒96
フリー走行2回目 20位 最速ラップタイム:1分17秒165

アンソニー・デビッドソン カーナンバー23(SA07-03)
フリー走行1回目 16位 最速ラップタイム:1分17秒166
フリー走行2回目 9位 最速ラップタイム:1分16秒162

T-Car SA07-02

天気:晴天 (湿度64% - 73.9%)
気温:最低17.5℃ 最高 21.4℃
コース路面温度:最低 26.4℃ 最高34.8℃

SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、勇気付けられる結果とともに2007年フランスGPのスタートを切った。今日、唯一の大きな課題となったのは、ブリヂストン・ポテンザタイヤのオプションだったが、琢磨もアンソニーもそれぞれ予定していたプログラムをこなし、通常の金曜日のルーティン作業を完了した。

佐藤琢磨
「2種類のタイヤの反応が異なり、とても興味深い日だった。今日、集めることができた大量のデータを分析する必要がある。数種類の新しい空力パーツを試し、いくつかの優れた点を発見することができた。マシンはトラブルもなく高い信頼性を発揮したので、今日はポジティブな1日だったと思う」

アンソニー デビッドソン
「今日の仕事には満足している。終盤に新しいタイヤでのいいバランスを見つけることができたし、タイムシート上位のタイムを記録できたのも、もちろんうれしかった。タイヤのオプションによってかなり大きな差があったので、今週末はどのチームにとってもタイヤが難しいポイントとなるだろう」

グラハム テーラー スポーティングディレクター
「予定していたテストプログラムを行ったが、2台のマシンのクルーは非常に熱心に仕事に取り組んでくれた。2回目のフリー走行のスタートで、ピットレーンを出るときにアンソニーがトロロッソの後ろに接触するという、ちょっとしたアクシデントがあり、フロントウイングにダメージを負ってしまった。それ以外は仕事のはかどった1日だったが、これからの今週末の予定を考える必要がある」

Circuit de Magny-Cours, Nevers
2007/06/29


20070630-2.jpg
(C)SUPER AGURI F1

金曜フリー走行1
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 1:15.382 22
2 F・マッサ フェラーリ 1:15.447 22
3 F・アロンソ マクラーレン 1:16.154 19
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.214 24
5 D・クルサード レッドブル 1:16.268 24
6 L・ハミルトン マクラーレン 1:16.277 20
7 N・ハイドフェルド BMW 1:16.338 25
8 A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.407 23
9 R・クビサ BMW 1:16.441 19
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.603 26
11 V・リウッツィ トロロッソ 1:16.895 32
12 佐藤 琢磨 SAF1 1:16.967 22
13 R・バリチェロ ホンダ 1:16.990 25
14 J・バトン ホンダ 1:17.047 24
15 S・スピード トロロッソ 1:17.103 33
16 A・デビッドソン SAF1 1:17.166 26
17 R・シューマッハ トヨタ 1:17.168 26
18 G・フィジケラ ルノー 1:17.226 20
19 H・コヴァライネン ルノー 1:17.348 21
20 M・ウェーバー レッドブル 1:17.435 26
21 C・アルバース スパイカー 1:18.178 28
22 A・スーティル スパイカー 1:18.419 15

金曜フリー走行2
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 1:15.453 38
2 K・ライコネン フェラーリ 1:15.488 28
3 S・スピード トロロッソ 1:15.773 21
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.780 36
5 V・リウッツィ トロロッソ 1:15.952 40
6 D・クルサード レッドブル 1:15.958 36
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.003 39
8 F・アロンソ マクラーレン 1:16.049 32
9 A・デビッドソン SAF1 1:16.162 25
10 R・シューマッハ トヨタ 1:16.184 41
11 G・フィジケラ ルノー 1:16.205 43
12 R・クビサ BMW 1:16.236 42
13 A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.260 38
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.285 46
15 J・バトン ホンダ 1:16.395 43
16 M・ウェーバー レッドブル 1:16.562 17
17 H・コヴァライネン ルノー 1:16.735 40
18 R・バリチェロ ホンダ 1:16.950 47
19 N・ハイドフェルド BMW 1:16.968 18
20 佐藤 琢磨 SAF1 1:17.165 49
21 A・スーティル スパイカー 1:18.213 32
22 C・アルバース スパイカー 1:18.708 9

20070630-3.jpg
(C)SUPER AGURI F1


テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/30(土) 09:57:47|
  2. 2007第8戦フランスGP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAF1プレスリリース : ヘレス合同テスト1日目



20070619-1.jpg
(C)SUPER AGURI F1

Jerez, Spain
19 June 2007

ヘレス合同テスト1日目

テスト日:2007年6月19日
テスト期間:3日間
ドライバー:ジェームズ・ロシター
シャシー:SA07-05
走行周回数:76周
最速ラップタイム:1分20秒926
天気:晴天 気温:22-27℃ コース路面温度:27-41℃

SUPER AGURI F1 TEAMは、来たるべき2007年F1グランプリの中盤戦へ向けての準備を進めるために、スペインのヘレス・サーキットでの3日間のテストを開始した。

コンディションは1日を通して、暖かな好天に恵まれた。午前中、ジェームズはグリップの低い路面に合わせたセットアップを見つけることに時間を費やした。そして、満足いくバランスが見つかり、路面もゆっくり改善されていく中で、ジェームズはさまざまなシャシーセットアップを試しながら、76周の周回をこなした。




テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/20(水) 21:12:18|
  2. SAF1 NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAF1プレスリリース : 2007年アメリカGP 決勝


2007年アメリカGP 決勝
アンソニー・デビッドソン カーナンバー23(SA07-02)
11位 走行周回数:72 最速ラップタイム:1分14秒066

佐藤琢磨 カーナンバー22(SA07-04)
リタイア 走行周回数:13 最速ラップタイム:1分16秒680

T-Car SA07-03

天気=晴天(湿度30.8% - 36.0%)
気温=最低35.2℃ 最高36.6℃
コース路面温度=最低 46.2℃ 最高 57.8℃

SUPER AGURI F1 TEAMのアンソニー・デビッドソンが猛暑のインディアナポリスのレースで素晴らしい戦いぶりを見せ、スタート順位から5つポジションを上げた11位でチェッカーフラッグを受けた。残念ながら、琢磨のレースは13周で終了してしまったが、チームはこの全体的な結果とアメリカGPの週末を通した進歩に満足している。

アンソニー デビッドソン
「マシンによってウイングレベルが異なり、ストレートやコーナリングのスピードもさまざまだったので、おもしろいレースだったね。ぼくたちはタイヤをセーブするためにウイングを少し強くして走ることを選んでいたので、ストレートでドラッグと戦いながら前との距離を縮めていくのは大変だった。第1コーナーは混乱した状態だったし、コース全体がタイヤかすで汚れていたこともあり、オーバーテイクの場面がたくさん見られたレースだった。素晴らしいレースだったと思うし、ぼくもレースを存分に楽しむことができた。再びグランプリをフィニッシュすることができて本当にうれしいし、チームにとってもホンダにとっても最高の結果となった。素晴らしい日だったよ」

佐藤琢磨
「難しいスタートで、2台に抜かれることになってしまった。ターン1のアクシデントを回避して、その後、周回を重ねながら順位を上げていった。かなりのポジションを取り戻すことができて最高だったけれど、コースがクリアになって本格的にプッシュしていこうと思ったときに路面の汚れを踏んでターン3でコースアウトしてしまった。ぼくにとってはいい日ではなかったが、ヨーロッパで再びいいポジションからスタートできることを願っている」

鈴木亜久里 チーム代表
「ぼくたちにとって、難しい週末になることはわかっていたが、実際にとても厳しいレースになった。しかし、今日はアンソニーが頑張ってくれた。琢磨はただついていなかった。アンソニーのラップタイムは速かったし、安定していた。全体的にはチームにとって厳しい週末だったし、いくつかの問題に遭遇することになったが、結果的にはアンソニーもチームもとてもいい仕事をしてくれたと思う」


テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/19(火) 06:34:56|
  2. 2007第7戦アメリカGP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第7戦アメリカGP予選結果


予選結果
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.331
2 F・アロンソ マクラーレン 1:12.500
3 F・マッサ フェラーリ 1:12.703
4 K・ライコネン フェラーリ 1:12.839
5 N・ハイドフェルド BMW 1:12.847
6 H・コヴァライネン ルノー 1:13.308
7 S・ヴェッテル BMW 1:13.513
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:13.789
9 M・ウェーバー レッドブル 1:13.871
10 G・フィジケラ ルノー 1:13.953
11 D・クルサード レッドブル 1:12.873
12 R・シューマッハ トヨタ 1:12.920
13 J・バトン ホンダ 1:12.998
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.060
15 R・バリチェロ ホンダ 1:13.201
16 A・デビッドソン SAF1 1:13.259
17 A・ブルツ ウィリアムズ 1:13.441
18 佐藤 琢磨 SAF1 1:13.477
19 V・リウッツィ トロロッソ 1:13.484
20 S・スピード トロロッソ 1:13.712
21 A・スーティル スパイカー 1:14.122
22 C・アルバース スパイカー 1:14.597

テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/17(日) 06:29:24|
  2. 2007第7戦アメリカGP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAF1プレスリリース : 2007年アメリカGP フリー走行 & 1・2回目結果



20070616-1.jpg
(C)SUPER AGURI F1

2007年アメリカGP フリー走行
佐藤琢磨 カーナンバー22(SA07-04)
フリー走行1回目 17位 最速ラップタイム:1分14秒037
フリー走行2回目 19位 最速ラップタイム:1分13秒753

アンソニー・デビッドソン カーナンバー23(SA07-03)
フリー走行1回目 20位 最速ラップタイム:1分14秒632
フリー走行2回目 14位 最速ラップタイム:1分13秒364

T-Car SA07-02

天気=晴れ(湿度23.3% - 56.6% humidity)
気温=最低24.5℃ 最高38.8℃
コース路面温度=最低33.6℃ 最高57.4℃

SUPER AGURI F1 TEAMの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンは、インディアナポリス・モータースピードウェイで行われた今日のフリー走行で予定していたテストプログラムを完了した。午前中のセッションではアンソニーがエンジンとギヤボックスを交換しているが、両ドライバーとも、今日のチームのパフォーマンスや、“ブリックヤード”の愛称で親しまれるこのサーキットの最終的なコースコンディションに満足している。

佐藤琢磨
「いい1日だった。午前中のセッションでアンソニーのマシンにトラブルが発生したので、予定していなかった混合プログラムに変更することになった。しかし、最終的には今日の目標を達成することができたと思うし、異なるウイングレベルやタイヤの評価を行うことができた。スムーズに作業が進んだ、いつもと同じ金曜日だった」

アンソニー デビッドソン
「スタートからフィニッシュまでコースのコンディションが変化し続けた、本当に興味深い1日だった。コースにゴムがのってくるにしたがって、ぼくたちのマシンに合った状態になっていった。いいバランスを見つけることもできたので、今日の仕事の成果には満足している。明日の予選が楽しみだ」

グラハム テーラー スポーティングディレクター
「アンソニーは1回目のフリー走行でエンジンとギヤボックスを交換しなければならなかったため、少しタイムロスがあった。しかし、メカニックたちの素晴らしい努力のおかげで、セッション終了前にマシンを再びコースへ戻すことができた。最初は、我々にとっては難しい路面状況だったが、その後、コースのコンディションもよくなった。1回目のセッションではコースの状態は何も変わらないようだったが、午後のセッションでは気温が上昇していたにも関わらず、誰もが少し速いラップタイムで走ることができたようだ。ストレートで必要なスピードや、どの程度のドラッグをマシンに残すべきかを検討する必要があるので、今夜はその点をメインに作業を進めたいと思う」


20070616-2.jpg
(C)SUPER AGURI F1

金曜フリー走行1
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・アロンソ マクラーレン 1:11.925 16
2 N・ハイドフェルド BMW 1:12.391 24
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.628 21
4 S・ヴェッテル BMW 1:12.869 33
5 K・ライコネン フェラーリ 1:12.966 21
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.020 24
7 F・マッサ フェラーリ 1:13.040 22
8 D・クルサード レッドブル 1:13.159 22
9 J・バトン ホンダ 1:13.597 23
10 M・ウェーバー レッドブル 1:13.682 26
11 J・トゥルーリ トヨタ 1:13.777 32
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:13.786 27
13 R・シューマッハ トヨタ 1:13.819 27
14 V・リウッツィ トロロッソ 1:13.907 28
15 S・スピード トロロッソ 1:13.990 24
16 G・フィジケラ ルノー 1:14.000 19
17 佐藤 琢磨 SAF1 1:14.037 20
18 R・バリチェロ ホンダ 1:14.052 23
19 H・コヴァライネン ルノー 1:14.189 18
20 A・デビッドソン SAF1 1:14.632 10
21 C・アルバース スパイカー 1:14.636 28
22 A・スーティル スパイカー 1:14.810 27


20070616-3.jpg
(C)SUPER AGURI F1

金曜フリー走行2
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・アロンソ マクラーレン 1:12.156 35
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:12.309 34
3 F・マッサ フェラーリ 1:12.435 36
4 K・ライコネン フェラーリ 1:12.587 38
5 N・ハイドフェルド BMW 1:13.026 43
6 D・クルサード レッドブル 1:13.042 41
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.057 35
8 H・コヴァライネン ルノー 1:13.110 48
9 R・バリチェロ ホンダ 1:13.144 40
10 J・バトン ホンダ 1:13.202 46
11 S・ヴェッテル BMW 1:13.217 50
12 M・ウェーバー レッドブル 1:13.263 21
13 V・リウッツィ トロロッソ 1:13.332 41
14 A・デビッドソン SAF1 1:13.364 46
15 G・フィジケラ ルノー 1:13.394 44
16 A・ブルツ ウィリアムズ 1:13.539 29
17 J・トゥルーリ トヨタ 1:13.692 42
18 S・スピード トロロッソ 1:13.712 34
19 佐藤 琢磨 SAF1 1:13.753 46
20 R・シューマッハ トヨタ 1:13.765 39
21 C・アルバース スパイカー 1:14.225 30
22 A・スーティル スパイカー 1:14.513 33


テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/16(土) 15:22:20|
  2. 2007第7戦アメリカGP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAF1プレスリリース : 2007年カナダGP 決勝


Gilles Villeneuve Circuit, Montreal
10 June 2007

2007年カナダGP 決勝

佐藤琢磨 カーナンバー22 (SA07-04)
6位 走行周回数:70 最速ラップタイム:1分18秒035

アンソニー・デビッドソン カーナンバー23 (SA07-03)
11位 走行周回数:70 最速ラップタイム:1分18秒543

T-Car SA02-02

天気=晴天 (湿度28.6% - 58.7% )
気温=最低25.7℃ 最高 30.2℃
コース路面温度=最低 48.6℃ 最高65.7℃

出場車両の半数がリタイアするという、過酷な戦いとなったカナダGPでSUPER AGURI F1TEAMの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンが素晴らしい結果を達成した。3位を守って走行を続けるアンソニーの目前を不運な地元の野生動物が横切るというアクシデントが発生し、フロントウイングにダメージを負ったアンソニーは、予定外のピットストップを余儀なくされた。しかし、彼は素晴らしいレースを戦い続け、11位のポジションでフィニッシュラインを越えることができた。琢磨はこれまでのキャリアで最高のレースを戦った。レース終盤の接戦の中、彼はトヨタの2台とワールドチャンピオンの座を守り続けるフェルナンド・アロンソをオーバーテイクし、ポイント獲得圏内の6位でチェッカーフラッグを受けた。琢磨はドライバーズチャンピオンシップで11位、SUPER AGURI F1 TEAMはコンストラクターズチャンピオンシップで7位となった。


20070612-4.jpg
(C)SUPER AGURI F1
佐藤琢磨
「素晴らしい週末だった。今回のレースではさまざまな出来事があった。クビサのことは本当に心配だったが、彼の無事を聞いてホッとしている。F1のセーフティチームに心から感謝したい。あのアクシデントの後、ぼくはレースに再び集中した。激しい戦いとセーフティカーの導入が渾然一体となったレースになったけれど、ぼくたちの戦略が成功した。ある時はセーフティカーが導入になった直後のチャンスを見計らってピットインすることができた。ピットレーンがまだ開いていたんだ。チームも状況を把握していて、すぐに対応してくれた。最後の数周は最高の気分だった。トップ集団と戦うことができたし、自信を持ってオーバーテイクして、ポジションを取り戻すことができた。ぼくのこれまでのレースキャリアの中でも最高に素晴らしい日だったし、本当に素晴らしいリザルトを手に入れることができた。チームのメンバー、そしてぼくたちを支援してくれているすべての人々に心から感謝したい」


20070611-1.jpg
(C)SUPER AGURI F1
アンソニー・デビッドソン
「ビーバーのことは残念だった。ぼくのことを待って飛び込んで来たんだと思うよ!あの時はセーフティカーの後ろで3番手を走っていた。1ストップ戦略でコースもクリアだったのに、あれでフロントウイングにダメージを負ってしまった。スピードが出ていて見えなかったので、なぜ、フロントタイヤが突然ロックアップしたのか理解できず、ピットインせざるを得なかった。ぼくが突然入ってきたので、ガレージのスタッフたちも驚いていたが、すぐにその後の戦略を考えてくれた。セーフティカーをオーバーテイクして周回を取り戻すように言われた。最終的にはとても楽しいレースになったよ。クビサのアクシデントはコースの反対側から見ていた。彼の無事を願うよ。レースはスタートから大混乱だったけど、完走できてハッピーだ。これまでのベストリザルトと同じ結果だったが、今日一日頑張ってくれたチームにとっても、いい結果だったと思う。ぼくはオプションタイヤで走っていて摩耗がひどかったので、チームに報告した。セーフティカーが導入になっている間にピットインしてタイヤを交換したので、琢磨がファストラップを走る前には、チームもすでにプライムに戻さなければならないことを知っていた。それが成功したんだ。素晴らしいチームワークだった。本当にハッピーだよ」


20070612-2.jpg
(C)SUPER AGURI F1
鈴木亜久里 チーム代表
「完ぺきな1日だった。チームも琢磨も3ポイントを獲得することができた。今日のチームの仕事ぶりは本当に素晴らしかった。アンソニーも本当によく頑張ったと思うが、レースの最中に動物が当たって、マシンにダメージを負ってしまったのは運が悪かった。今日もチームの全員が素晴らしい仕事をしてくれた。彼らのことを心から誇りに思う」



テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/11(月) 07:52:20|
  2. 2007第6戦カナダGP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6戦カナダGP : 歓喜のSAF1スタッフ!!


All photos : (C)SUPER AGURI F1

20070612-1.jpg


20070612-3.jpg


20070612-5.jpg



テーマ:モータースポーツニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/06/11(月) 05:36:22|
  2. SAF1 NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Calender

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SUPER AGURI F1 TEAM
OFFICIAL WEBSITE

SUPER AGURI F1 TEAM OFFICIAL WEBSITE

SAF1 PARTNER

SS UNITED GROUP HONDA BRIDGESTONE AUTOBACS SEIKO SAMANTHA KINGZ METRIS RODAC SPEAKERBUS TAKATA ENEOS NGK

Category

Latest News

Search

Latest Comment

Latest Trackback

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

Link

Contact us

Name:
Mail address:
Tytle:
Subject:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。